鎧のようなカウルを纏い弾丸フォルムを体現!!

マッドかつアグレッシブなスタイルが、一目でアンブの手によるカスタムとわかる個性的なマシン。そのベースとなっているのがストリートモデルとして人気の高いカワサキの250TRといえば意外である。しかし、ノーマルのコンセプトを180度転換させる大胆さがアンブカスタムモータースの持ち味のひとつといえば、それも納得といえよう。

 

乗り手の気分さえ戦闘モードにさせてくれる

まず、いやがうえにも目に飛び込んでくるのが、戦闘的なフォルムを印象付けるフロントのロケットカウル。単眼のヘッドライトが他車を圧倒するインパクトを放っている。スタイルの要となるタンクはスレンダーなオリジナルのT2をマウント。さらにリア部分に目を移すと、フレーム形状を活かしたカフェスタイルのレーシーなシート周りが圧巻だ。アルミの素地をそのまま活かした無骨な雰囲気が男臭さを感じさせ、ストリートファイターとしてのムードをひと際煽っている。テーピングを施したエキパイはワンオフで製作され、サイレンサーはメガホンタイプを採用。マシンとのマッチングも文句無し。キャブはヨシムラ製TMRを惜しげもなく奢ることで、決してルックス重視ではないスパルタンな走りをも実現。また、カスタムコンセプトに見合ったライディングポジションが得られるように、バック寄りに設置したステップはワンオフで製作。セパハンと相まって、乗り手の気分さえ戦闘モードにさせてくれる。よい意味でボーダーレスなアンブのオリジナルスタイル。国産カスタムシーンの停滞を打破する意気込みが感じられる渾身の1台といえよう。

 

AN-BU CUSTOM MOTORS

TEL:052-776-0651

http://www.an-bu.jp

20160922033539_00001
DATE: バイキチvol.71 CONTENTS

■価格:880円 ・IKURA’s American Festival ・THE BEST OF

この本を買う
次の記事も読む