ホンダのコンセプトモデルの「Concept CB Type II 」はカフェレーサースタイルで登場!

先日、行なわれた「東京モーターサイクルショー2016」のホンダブースで、コンセプトモデル「Concept CB Type II」が公開されていたので紹介したい。

 

カフェレーサーを思わせるフォルム

 「Concept CB Type II」はフランジレス製法による造形美にこだわった燃料タンクを備え、前後17インチの足周りをセット。ソロシートにはシングルシートカウルがセット、ミラーをハンドルにアンダーマウントするなど、カフェレーサーを思わせるフォルムを形成していた。

 

スポーツ志向のマフラーとサスペンションを採用

ヘッドライトボディやエアクリーナーボックス、リアフェンダーなどにはカーボンを採用。サスペンションはフロントフォークにショーワ、リアがオーリンズ、ブレーキキャリパーはブレンボ製、マフラーはオーヴァーレーシング製の左右2本出しとするなど、より、スポーツ志向なパーツをチョイスしていた。

 

空冷CBシリーズの新たな方向性を示唆

空冷4気筒エンジンを搭載する「CB1100」をベースとした「Concept CB Type II」。空冷CBシリーズの新たな方向性が垣間見えた瞬間であった。

DATE: バイキチvol.68 CONTENTS

■価格:880円 ・今からでも遅くない!! バイクの知識を高めよう!! ・国産4発バイク特集 ・BIKER’S

この本を買う
次の記事も読む