ハーレーダビッドソンの新型2車種がついにアンベール第2回【東京モーターサイクルショー2016】

2016年3月25日〜3月27日に東京ビッグサイトで行われた「東京モーターサイクルショー2016」で、「CVO Pro Street Breakout」と「LOW RIDERS S」がお披露目された様子をレポートする第2弾。

 

いよいよホントにアンベール

ハーレーダビッドソンジャパン代表のスチュアート・ファレル氏のお話が終わり、ハーレーガールズが登場。いよいよ新型モデルの姿があらわに…と思いきや、あんまり写っていないという驚愕の事実が発覚。

 

「CVO Pro Street Breakout」

 

はい、引っ張りすぎました。「CVO Pro Street Breakout」です。ドラッグレースにインスパイアされたというレーシーなスタイルと、ゴールドリーフを施したフィニッシュが美しい一台です。240mmのリアタイヤには、Aggressorホイールを採用。ヘビーブリーザーインテークを備えたScreamin’ Eagle TwinCam110 Bエンジンを搭載。倒立フォーク、新型のデュアルディスクフロントブレーキなどなど、装備の面からもそのハイパフォーマンス振りが伺えますね。

 

「LOW RIDERS S」

お次は「LOW RIDERS S」です。こちらの特徴は、ダイナのフレームにハーレーのエンジンの中でも最も強力なScreamin’ Eagle Twin Cam 110 エンジンを搭載し、ヘビーブリーザーインテークを追加されたハーレーということですね。ブラックアウトしたスタイルに、ホイール、タンクエンブレムなどに配色されたゴールドがアクセントとなって、上品な大人のハーレーといった装いを見せつけてくれます。アルミキャストホイールもマッチしていますね。

 

どちらもカスタムビルダーの作品のような仕上がり

どちらの新型も、カスタムビルダーの作品のようなゴージャスな仕上がりで、正直、あまりカスタムするスキが見つからないというのが感想です。ノーマルのまま乗って充分カッコいいのではないですかね。どちらも一度はハンドルを握ってみたいと、素直に思ってしまいました。

 

DATE: プライマリーVol.31 CONTENTS

■価格:1,200円 ・2016 IVENT INFORMATION ・HRD PERFORMANCE ・TH

この本を買う
次の記事も読む