アメリカ大陸を駆け抜ける極悪チョッパーをイメージしたDS1100

DS1100をベースに全身にブラックを纏ったダークなチョッパーだ。「監獄」をコンセプトにして作り上げたというだけあって、このマシンには何処か退廃的でニヒルな雰囲気が漂っている。

 

注目すべきは艶あり

注目すべきは艶あり、半艶、アルマイトなど、様々なブラックカラーを組み合わせる事で絶妙な見応えあるコントラストに仕上げている点だ。また、バードゲージタイプの小ぶりなヘッドライトを選択する事でマシンに精悍かつ硬派な印象を与え、さらにハンドル周りはウィンカーの配線を中通しにしシンプルに仕上げている。もちろん、レバー類やブレーキマスターなどもしっかりブラックに統一されている。ただ、全てをブラックに統一するのでは芸がない。計算の上でクロームを所々に配置する事で、抜け感のあるしっかりとツボを押さえたトータルバランスのとれたカスタムを成し遂げているのだ。

 

一味違うクールな一台

ワンオフのストレッチタンクやキラーストリート製のマフラーは、ド迫力のルックスで一度見たら脳裏に焼きつく事だろう。2インチローダウンしたフロントフォークもロー&ロングのドラッグスターのスタイルを存分に活かし、強調している。

 

HEART BEAT

埼玉県鶴ヶ島市鶴ヶ丘858-1

TEL:049-271-6003

http://www.heart-beat-co.jp/

bk66
DATE: バイキチVol.66 CONTENTS

■価格:880円 ・国産アメリカンvsハーレー ・実は知らなかったバイクの常識69 ・COVER GIRL 松

この本を買う
次の記事も読む