バイクでサーフィンに挑戦する荒唐無稽なチャレンジを具現化した動画がハンパない!

バイクでサーフィン…という、あまりにも荒唐無稽な組み合わせを実際にやってのけた動画があったので紹介しよう。

 

KTMのモトクロッサーでサーフチャレンジ


上記したような荒唐無稽な“バイクでサーフィン”に挑戦したのは、オーストラリアの有名スタントライダー、ロビー・マディソン氏だ。そして、そんな彼が跨るのはKTMの「KTM 250 SX」。

フロントとリアタイヤには車輪に当たらないように、ソリ型のボードが装着され、陸地を普通に走れるのみならず、海に入った時に沈まないようになっているのだ。また、リアタイヤは、パドルタイヤのような形状になっており、水をかいて進むことも可能だ。

 

「DCシューズ」のプロモーション動画だ。

この動画は、アメリカのスポーツ用品メーカー「DCシューズ」が打ち出したプロモーション動画で、「DEFYCONVENTION(常識を打ち破れ)」というキャッチコピーの通り、バイクでサーフィンという常識では考えられないような偉業を成し遂げている。

 

サーフスポット、タヒチで撮影

ロケ地は、サーフィンの大会なども数多く開催されることで知られるサーフスポット、タヒチで敢行された。そして、水陸両用「KTM 250 SX」でビッグウェーブを捉え、見事にサーフィンしている。

それでは驚愕の動画をご覧頂こう。

 

 

いかがだっただろうか。

止まってしまったらそこでドボンという、リスキーなアクションをものの見事にこなしたライダーの技量に拍手を送りたくなって来た。そして、何より同じように「やってみたい」という想いに駆られたのではないだろうか?

なお、今回バイクに装着されていたソリ(ボード)はワンオフ製作されたものだが、KIT販売でもすれば、かなりウケるのではないだろうか。

何はともあれ、今後も、このような刺激的な映像に期待したいところだ。

 

参考 – Youtube : https://youtu.be/lDi9uFcD7XI

DATE: プライマリーVol.30 CONTENTS

■価格:1,200円 ・BEST BIKE SELECTION ・THE HOT ROD CUSTOM SHO

この本を買う
次の記事も読む