アメリカンバイクブームの先駆者と言えばホンダ「REBEL」

アメリカンと言うよりはシングル系を思わせるエンジンが印象的で、今ではイベントやバイクミーティングでしか見かけなくなってしまったが、2度に渡りブームを巻き起こしたホンダの名車「レブル」をご存知だろうか。

1960年代、日本に正規輸入をしはじめてから、爆発的な人気を巻き起こしたハーレーダビッドソン。日本のメーカーがこのマシンに対向すべく、心血を注ぎ、アメリカンタイプのバイクを製作。そして、今から遡ること約30年前の1985年に、ホンダより誕生したのが「レブル」なのだ。

 

レブルはどんなバイクなのか

セミダブルクレードルフレームに、エンジンは250Tシリーズの流用である空冷4ストローク並列2気筒のMC06E型(233cc)を搭載。プルバックタイプのハンドルや左右出しのマフラー、足着き性の良いシートにハロゲンヘッドライト、そしてなにより純正とは思えない”ロー&ロング”なフォルムが特徴である。

 

何故レブルが人気になったのか

レーサーレプリカの勢いが盛んであった80年代に公開された名映画「イージーライダー」により、チョッパーブームが訪れたことから一気にアメリカンブームの波に乗り爆発的な人気を博した。また、反逆を意味するネーミングがこの時代にマッチしたのかもしれない。

 

国内での生産は終了、国外向けのみ

多くのバイカーを魅了し、愛され続けたレブルは1999年に排出ガス規制によってラインナップを終了。しかし、日本国外仕様として「CMX250」、北米仕様は「CMX250C」として販売が継続されている。
ちなみに日本国外仕様として、CA125エンジンを搭載した125ccやCM450エンジンを搭載した447ccモデルも存在しているのだ。
日本ではⅠ型からⅣ型まで発売されており、キャブレターやエンジンヘッド、サイドカバーやシッシーバーなど、年代によってディテールが異なるので、お探しの方は自分好みの一台を見つけるといいだろう。

DATE: バイキチvol.67 CONTENTS

■価格:880円 ・見た目よし!!乗ってよし!!男をアゲるHARLEY-DAVIDSON ・バイクマンション&

この本を買う
次の記事も読む