ヤマハのヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」が近未来すぎてカッコいい

ヤマハが開発中のヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」がプロジェクトの第1フェーズである自律走行を実現し、今後、第2フェーズではサーキット走行の実現に向けた基盤技術の開発を進めるという。

 

1/1スケールの実車を操れる、とにかく凄いロボットなのだ

この「MOTOBOT」とは2015年の東京モーターショーで話題となったヒト型自律ライディングロボットのことで、車両には改造を加えず、二輪車の自律運転をロボットを使って実現することを目標に開発されている。パッと見はラジコンバイクのフィギュアによく似ているが、ちゃんと1/1スケールの実車を操れる、とにかく凄いロボットなのだ。

 

2017年には時速200kmを超えるサーキット走行を目指している

ヤマハは「MOTOBOT」で2017年には時速200kmを超えるサーキット走行を目指しているという。この実験が成功すると、その段階で時速200kmを出したことのない記者の存在を軽く超えてしまうことになるが、技術の発達とはそういうものなのであろう。

このプロジェクトが成功した暁には、「MOTOBOT」をドラッグスターに乗せて、ワイルドなライディングポジションでも運転できるとアピールして欲しいと思う。それでは、動画もあるので「MOTOBOT」のライディングを楽しんでいただこう。

 

いかがだったろうか。補助輪みたいのがちょっと目立ちはしたものの、何とも感動的な動画である。「MOTOBOT」の開発が進んで成功することを切に願う。

 

参考 – Youtube : MOTOBOT Ver. 1 / To ”The Doctor”, 親愛なるロッシへ ヤマハ発動機株式会社

DATE: バイキチvol.67 CONTENTS

■価格:880円 ・見た目よし!!乗ってよし!!男をアゲるHARLEY-DAVIDSON ・バイクマンション&

この本を買う
次の記事も読む