ブラック × ゴールドがかっこいい!ハーレーのニューモデル「LOW RIDER S」とは?

ハーレーダビッドソン・ジャパンは、スペシャルモデルSシリーズの第三弾として、Screamin’ EagleR Twin Cam110エンジンを搭載したニューモデル「LOW RIDER S」を2016年1月28日に販売開始すると発表した。

 

Screamin’ EagleR Twin Cam110エンジンを搭載したクルーザー

「LOW RIDER S」はDynaのフレームにハーレーのエンジンの中でも最も強力なScreamin’ Eagle Twin Cam 110 エンジンを搭載したハーレーのニューモデルだ。トールバーやミッドマウントコントロール、新型のシートに加え、フロントとリアには高品質のサスペンションを採用することで、強力なパワーを発揮するパフォーマンスクルーザーとも言うべき一台だ。

 

ブラックアウトスタイルにゴールドのアクセントが映える

外観上の特徴と言えば、全体的にブラックアウトしたスタイルに、ホイール、タンクバッジなどに配色されたゴールドがアクセントとなって、上品な大人のハーレー感を醸し出している。スプリット5スポークキャストアルミホイールも実にマッチしていて、感性を刺激してくれることだろう。ノーマルの状態でここまで魅せる作り込みを感じさせた「LOW RIDER S」。日本中のライダーたちを魅了し続けるメーカーの強さを感じさせる一台だ。

 

LOW RIDER S SPEC

全長 :2,390 mm

シート高:685 mm

最低地上高:125 mm

レイク(度):30.5

トレール:128.3 mm

ホイールベース: 1,630 mm

フロントタイヤ:100/90B19 57H

リアタイヤ:160/70B17 73V

フュエルタンク容量: 17.8L

オイルタンク容量:2.8L

車両重量:293kg

ラゲッジ積載容量:305kg

エンジン:エンジン型式 Screamin’ Eagle Twin Cam 110 空冷45度Vツイン

排気量: 1,801cc

圧縮比:9.2:1

燃料供給方:インジェクション(Electric Sequential Port Fuel Injection)

最大トルク:143 Nm / 3,500rpm

価格: 229万円

 

参考 – Harley-Davidson Japan

DATE: プライマリーVol.30 CONTENTS

■価格:1,200円 ・BEST BIKE SELECTION ・THE HOT ROD CUSTOM SHO

この本を買う
次の記事も読む