ヤマハ「SR400」のニューモデルは、往年のオフロードモデルを彷彿させるタンクデザインが魅力!

03_SR400_DNLGM1_3

ヤマハ発動機株式会社は、1978年の登場以来、ロングセラーモデルとして人気を博している「SR400」の新色を2016年2月10日より発売すると発表した。

 

タンクのグラフィックを大胆に変化させた

新色は”ビンテージ・アクティブ・カジュアル”をコンセプトとした「ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1」だ。誕生年“1978”を織り込んだ”400″というロゴをあしらった、斬新なグラフィックを燃料タンクに施している点が最大の特徴となっている。なお、定番カラーの「ヤマハブラック」は継続販売とされる。

 

SR400

08_SR400_YB_4

カラー:ダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック 1(新色/リーフグリーン):ヤマハブラック(ブラック)

発売日:2016年2月10日

価格:55万800円(本体価格 51万円、消費税 4万800 円)

 

参考 – ヤマハ発動機

DATE: バイキチvol.67 CONTENTS

■価格:880円 ・見た目よし!!乗ってよし!!男をアゲるHARLEY-DAVIDSON ・バイクマンション&

この本を買う
次の記事も読む