【悲報】どのキャブにしたらいいのかわからないンゴ

バイクの中でも重要なパーツの一つ、キャブレター。見た目もそうだが、何よりも走りに直結する部位だけに選択は慎重にいきたいところだ。しかし、実際、どのキャブが自分の理想としているバイクに近づくのか判断するのは難しい。そこで、ここでは代表的なキャブについて簡単に説明していこう。

 

HSRキャブレター

ある程度セッティングが簡単に行え、交換後は加速感がいっきに変わる高性能な強制開閉式キャブレターである。

 

S&S Gキャブレター

ボディーの短さとレスポンスの早さが特徴的。アクセルの開閉で加速をサポートしてくれるキャブレターだ。

 

S&S Eキャブレター

口径とベンチュリがGキャブレターに比べて一回り小さい。こちらは1600ccまでのエンジンに最適だ。

 

SUキャブレター

可変ベンチュリ型キャブレターの代表的存在であり、旧車H-Dならイングニッションと合わせれば三拍子を奏でる事ができる。

 

FCRキャブレター

始動性や細かなセッティングが他のキャブレターと比べて難しいが、爆発的な加速性が魅力的である!

 

基本的にはショップに相談するのがベスト

つらつらと知っているキャブレターについての簡単な説明を書いてみたが、車種により取付可・不可などあったり、また、ショップによってはワンオフで対応してくれることもあるので、やはり気になるという方はショップに相談するのがベストだ。

bk66
DATE: バイキチVol.66 CONTENTS

■価格:880円 ・国産アメリカンvsハーレー ・実は知らなかったバイクの常識69 ・COVER GIRL 松

この本を買う
次の記事も読む