バイクで行きたくなる絶好の夜景スポット「横浜みなとみらい」

今回は道シリーズに続き、バイクでふらっと訪れたくなるスポットも紹介せていただこうと思い、記事を書かせていただきました。

初めて横浜に行ったのは7年ほど前だったと記憶しています。その時、目に映る横浜の夜景は生涯忘れることはない程に心踊るものでした。カメラを少し覚えた今、どうしてもあの時の記憶を写真に収めてみたくなり寒夜の中、第三京浜を愛車とひとっ走りしてきました。

みなとみらいは横浜駅東口地区、中央地区、新港地区合わせて186ヘクタールからなる地域。この中にはランドマークタワーをはじめ、赤レンガ倉庫やパシフィコ横浜といった個性ある建物が立ち並び、多くの観光客を集めています。年の来街者数は5,800万人。就業人口7万9,000人、進出企業1,420社という日本を代表する都市だそうです。
横浜は、埋立を繰り返して拡張してきた歴史を持っている街で、結論から言えば現在のみなとみらいは開国前は海だったんです。みなとみらいの多くの部分は1983年以降に埋め立てられた土壌であり、それ以外の土地も、もともとは海だった場所を人工的に陸地となしたものだそうです。

 

みなとみらい

夜になるとどこを見ても煌びやかな景色で包まれる街、みなとみらい。カップルで溢れかえるのもうなずけます。

なんも目的がなくてもみなとみらいまで走って缶コーヒーで一服して帰るなんていう、そんなキザなバイカーもきっとたくさんいるのではないでしょうか。

 

photo&writer     UP-SWEEP MUU large

DATE: UP-SWEEP Vol.32 CONTENTS

■価格:1,300円 ・BAD QUENTIN

この本を買う
次の記事も読む