寛永2年創業という長い歴史を誇る仙台の複合型リゾートスパホテル「秋保温泉岩沼屋」

寛永2年(1625年)創業という長い歴史を持つ秋保温泉岩沼屋。屋号の由来は当時、岩沼町の源助がこの地に旅籠を開設したことが始まりであるという説と、公家だった橘家が奥州へ下り、岩沼町付近まで来たところで日が暮れ、土地の者に一夜の宿をお願いすると、快く受け入れ、篤くもてなしてくれたという言い伝えを聞いて育った源助が「かつて先祖が岩沼の人々に篤いもてなしを受けた。今度は、私が旅人にとっての癒しの地を作ろう」と旅籠を開き、岩沼屋と名付けたという説の2つが存在する。そんな逸話が残されているのも長年の歴史を刻む老舗ならではのエピソードであろう。

 

様々な施設を誇る複合型リゾートホテルへと進化

現在の岩沼屋は本館・長生館と新館・清涼館、回廊で繋がれた別館・麗景館の3館とシングル洋室・翠苑から成る。2箇所の大浴場と露天風呂、4箇所の家族風呂の他、宴会場、会議室、エステ&マッサージ、カラオケ、ラーメン処など様々な施設を誇る複合型リゾートホテルである。館内には、歴史を物語る資料や創業当初から伝わる蔵と近代的な施設とが混在した、あたかも大正浪漫を感じさせるようなレトロモダンな雰囲気と空間を作り上げており、訪れる人々を楽しませ、また、癒してくれる。

 

仙台 秋保温泉 岩沼屋

宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師107

TEL : 022-398-2011

www.iwanumaya.co.jp 

pm27
DATE: プライマリーVol.27 CONTENTS

■価格:1,200円 ・この夏バイカーが知っておきたいこと全部NEW BIKER TREND BOOK ・BI

この本を買う
次の記事も読む