エレガントな香り漂うラフアウトのエンジニアブーツ

UKライダースのヴィンテージコレクター石嶋氏が展開するブランドであり、それらをベースに手掛け高い評価を有するライダースジャケットを揃えるADDICT CLOTHESが次に自信を持ってオススメするのがこのエンジニアブーツ。革質やソールだけではなく、細めにシュッと伸びたシャフト、カカトと土踏まずのフィット感、甲はやや低めですが、履いても足の甲に当たらず、足先は見た目からは想像出来ない開放感。エンジニアは馴染むまで修行のように耐えるものだという一昔前の噂をひっくり返す履き心地よさ、それら全てを実現したラストの出来の素晴らしさを物語っている。
製作期間に2年を費やし、試作に試作を重ね、木型を作り直すこと3回、サンプルを作ること4回。コスト如何の前に、NEW VINTAGEとなりうる自分が作りたい物・求めているディティールをとことん追求する石嶋氏(アディクトクローズ)だからこそ成せた業だ。

 

エンジニアブーツ用に革から拘り、ヴィンテージで見られるファッションではない「ギア」としてのタフさ、それでいて現代にも歩み寄るシルエット、フィッティングを求めた逸品。牛革はアメリカ・ホーウィン社のオイルドステアハイドを使用。足首部分に取り付けられたベルトのバックルはヴィンテージさながらのローラーバックル。グッドイヤーウェルテッド製法、重厚感あるウェルトはダブルステッチ、フロントはダブルミッドソール、ラバーソール部分はビブラム社の#269ソールを採用、東京のブーツリペアの名店・福禄寿が底付けを担当したタフさと造形美を兼ね備えたエンジニアブーツに仕上がった。

ADDICT CLOTHES ENGINEER BOOTS

価格 : 9万5,040円(税込)

参考 – ROOSTER

DATE: UP-SWEEP Vol.32 CONTENTS

■価格:1,300円 ・BAD QUENTIN

この本を買う
次の記事も読む