太ピッチとゆったり目の生地感が売りのボーダーTEE

90年代をイメージした、バスクシャツ系ではなく厚手の太ピッチボーダーを再現したTシャツ。
素材はコットン100%。目指す風合いの生地を編める糸を探すと、空紡糸に行き着いたと言う一着。この糸はもともと色がついているものは無く、別注で染め、さらに14番というカットソーでは極太糸を使用し度詰めで編み上げている。更に「シルケット」という、アルカリ溶液を使って生地に光沢と厚みもたせる加工を施し、デザイナーの求める「厚く、新品ではつるっと、洗っていくとしっとりしていく風合い」に仕上げがっているのだ。

全体的に作りはややゆるめに設定されている。
未洗い製品ですが、縮みはほとんど出ない。

 

WORKERS AB Border, Short

価格 : 9,720円(税込)

参考 – ROOSTER

DATE: UP-SWEEP Vol.32 CONTENTS

■価格:1,300円 ・BAD QUENTIN

この本を買う
次の記事も読む