旧式の力織機で編み上げるWESTRIDEのブロックチェックシャツ 

堅牢性とカジュアルなデザイン性、バイクから降りて街を歩く時にも自然に溶け込めるアイテムとして、ストリートシーンにおけるモーターサイクリスト達に支持されているワークシャツ。

そんな同アイテムをWESTRIDEが織り上げから拘り、仕上げた一着を紹介する。

 

準定番として展開しているモデルで、毎回発売時に好評なブロックチェックデザイン。生地はセルヴィッジコットン。もちろん新潟生産だ。

セオリー通りのブロックチェックだが、旧式の力織機でゆっくりと織られた生地は着込むほどに褐色が生まれ着用者の体に馴染む。生地に独特の凹凸感が表れるため優れた着用感・清涼感を実現している。日本製ならではの旧き良き作りを体感できる一着だ。

裁縫面などのディテールはオールドワークシャツに忠実に。チンストラップやフラップ付きポケット、ナットボタンの採用などブランドカラーを落とし込。各部巻き縫いのダブルステッチで堅牢性にも抜かりはない。やや短めな着丈と適度な身幅で着る人を選ばないのもポイントだ。

 

WESTRIDE BOR WORK S/S SHIRTS

価格 : 1万7,064円(税込)

 

参考 – WESTRIDE

up31
DATE: UP-SWEEP Vol.31 CONTENTS

■価格:1,300円 ・DRESS HIPPY&AT-DIRTY

この本を買う
次の記事も読む