ガレージスタイルを貫くBAD QUENTINの新作ジャカードニットカーディガン

BAD QUENTINが表現する世界観は“ガレージスタイル”

それはガレージでのあらゆる遊びから生まれたカルチャーを起源としたスタイル提案。 アメリカの様々なルーツを新旧問わず取り入れながら、服としてのクオリティも追求し、新しい価値観を創造していく事、そして自らONE LIFEを謳歌するそのライフスタイルを含めて発信しているブランドBAD QUENTIN

そんなBAD QUENTINから新作のジャカードニットカーディガンが満を期してリリースされたのでここに紹介する。

 

カラーはネイビーとオリーブの二色。どちらも合わせやすい色だ。

 

ソフトな肌触りと独特の弾力性が特徴のシロップシャーを用いたウールニットカーディガン。シロップシャーとは、英国中西部を原産地として、15世紀から存在するハイクオリティーな羊毛品種。4色ので前身頃全面に配色で柄を表現。ジャガード編みによる、編み地のムラ感が絶妙な雰囲気を醸し出している。フロントファスナーには『WALDES』を採用しジップアップ仕様に。首回りから前立て部分に使用したパイピングテープを編み立てるところにまで拘りが詰まった一着だ。

 

BAD QUENTIN  JACQUARD KNIT CARDIGAN

価格:2万5,922円(税込)

参考 – BAD QUENTIN

up31
DATE: UP-SWEEP Vol.31 CONTENTS

■価格:1,300円 ・DRESS HIPPY&AT-DIRTY

この本を買う
次の記事も読む