バイクウェアとしても浸透した「N−1 デッキジャケット」

ミリタリーウェア「N-1デッキジャケット」。そのルーツは第二次大戦末期にまで遡る。当時、アメリカ海軍の艦上防寒着として採用されたのが「N-1デッキジャケット」である。

極寒の艦上作業に耐えうるため袖口内側にニットリブを装備し、襟には立てて固定できるようにストラップが付いている。まさに防寒のためのスペシャルウェアと言えるだろう。故に寒さと戦うバイク乗り達にも浸透するには、そう時間は必要なかった。

そんなN-1ジャケットだが、今回はミリタリーブランドの雄ALPHA INDUSTRIESがリリースする一着を紹介する。

 

表地はジャングルクロスと呼ばれる高密度で遮風性の高い素材で船上作業時の海風を防ぎ、身頃裏地のボアが保温性を保ってくれる。また、フロントのジッパーは上からボタンで留められる比翼仕立て、袖口の内側にはリブがついているので、バイカーにも最適な風を通しにくい構造になっている。さらに、脇下にベンチレーション(換気穴)も付いているため、意外と蒸れる冬のコーディネートも安心だ。

重ね着などで寒さ対策している人や、バイク用のスタイリッシュなアウターを求めている人達に、ぜひともオススメしたい一着だ。

価格:1万9,800円(税別)

 

参考:ALPHA INDUSTRIES

up31
DATE: UP-SWEEP Vol.31 CONTENTS

■価格:1,300円 ・DRESS HIPPY&AT-DIRTY

この本を買う
次の記事も読む